ミニ葉ボタンの寄せ植え

     デコレーションみたい!
 今月の寄せ植え

mini gardening教室






 植え込む材料として
  ・ミニ葉ボタン・・・5〜6ポット
  ・ヘリクリサム・・・1ポット 
  ※葉ボタンに動きがないので、動きのある物を使います。

 ◎葉ボタンは、現在の大きさよりも大きくも小さくもならな
  いので、鉢の表面がかくれるぐ らいに、葉ボタンを隙間
  なく植え込みます。
この鉢の大きさはH30×φ25cm外径 (内径18cm)です。

 どうしてこの鉢を選んだかというと、葉ボタンの株高が低い
 ため、木の取っ手を飾りとして、いかせると、思ったから。

 ◎しかし・・・鉢に入るはずのない量を、どうやって植えるの
   ?って思うでしょうど、大丈夫。植えられます。
まず、鉢底に網をひきます。

 ◎この後、普通では《鉢底石》を敷きこみますが、
  鉢の深さが8cmしかないので、鉢底石は入れま
  せん。
2 植え込み用土を作ります。

 配合は 赤玉土:6
       腐葉土:4 の割合で 元肥を混ぜ込みます。
3
次に植え込む前に、用土を鉢に入れます。

 ◎この鉢は、真ん中がぷっくりとふくらんでいるため、
  あらかじめふくらんでいる部分に土を入れておきます。
  後から土を入れようとすると、ふくらんでる部分に
  どんどん土が入ります。 
   しかも、葉ボタンがギッシリ植え込まれるので、非常に
  土入れが困難な作業になります。
4 さあ、植えましょう!・・・その前に、
 ポット苗をそのまま、鉢の中に置いてみました。

 写真のように、普通に植え込むと3ポットしか
 植えられません。
5  葉ボタンをポットから抜きます。(写真まん中)

 次に、土の部分を持って、写真左になるぐらい土を1/3ほど
 全体に落とします。
 ◎土は必ず全体に等しく落とします。一箇所だけ極端に
   落とさないように!
 ◎葉ボタンは、根っこを手荒に扱っても枯れたりしない
   ので、安心して下さい。
6 とりあえず、3個だけ先に根の処理をして鉢に
セットしてみます。・・・good !うまくいけそうです。

 ◎写真のように、株と株はピッタリひっつけて植え込
  みます。

 ◎株の高さは、鉢よりも高くならないようにします。
  もし、高くなるようだったら、更に株底の土を落として、
  調整します。
 3個植え込んで、まだ余裕があります。

 残り葉ボタン2個のところ、3個は植えられそうですネ。
 1個葉ボタンをふやします。
 ピッタリとくっつけて、全部で5個入りました。やっぱり、
 4個より、5個の方が植え込んだ状態は綺麗にみえます。
 4個だと、まん中に不自然な空間ができます。
 無理しても5個です。

 ◎それでも、まだ株と株の間には、すき間があります。
   そこを利用して、ヘリクリサムを植えていきます。
ポットから抜いたヘリクリサムの、株元をよ〜く見てください。
ポットに入っている時は、一つの株に見ますが、よく見ると
3本の茎が分かれているのが、分かります。

 
 ◎分かれているという事は、3本に分ける事ができます。
   分けてみましょう。
10 ヘリクリサムを3本に分けます。

茎をよく見て、ゆっくりと息を止めるような気持で静か
 に1本づつ、土と茎を持って分けていきます。そうすると、
 自然に株が分かれていきます。
 ※少々、根っこが切れたり、土が取れても大丈夫です。
  枯れたりしません。!
11 3本に分けたヘリクリサムを植えます。

 割りばしなどを使って、株元を寄せるようにして、
 植えやすいように更に株間のすき間をあけます。

  ◎細かい作業、手の入りにくい箇所は、割りばしが
   とても便利です。
12 植え込む前に、チョッと待って!!
◎ここが大切です。
分けたヘリクリサムの姿をよく見てください。
3本とも姿がちがっているのが分かります。
まん中の苗はこんもりとしていて、ボリュームがあります。
これを寄せ植えの前の部分に使うと綺麗ですよね。
左右の2株は、一直線の姿のため、鉢の右左に使うと動き
がでてイイかんじです。
13 3本のヘリクリサムを決めた場所に植え込んでいきます。
あらかじめ、割りばしで隙間をあけていたところを更に指で開け
割りばしを使って、植え込みます。

◎植え込む時、ヘリクリサムの土が落ちて、根っこがむき出しに
なっても大丈夫ですから、慌てないで丁寧に植え込んで下さい。、
14 全部植え込みが済んだら、先の細いスコップなどで、株と株を上の写真のように押し広げて、丁寧に入れていきます。

◎やはり最初は、鉢の縁から土を入れていき、次にまん中
 の部分を入れます。おおよそ、土が入ったら鉢を持って、
 トントンと台の上でします。
 最後にグラグラしている株がないか確かめて、全体に土が
 入っているか確認します。
15 お疲れ様でした〜!

完成したら、最後にピックなどをさして、更に雰囲気を出してみるのもたのしいですよね!

  さあ、始めましょう♪


※ 説明写真は全てUPできます。