mini gardening教室

 今月の寄せ植え
ミニ葉ボタンの寄せ植え

おせち料理みたい!

※ 説明写真は全てUPできます。


  さあ、始めましょう♪

用意するもの 1. 蓋をセットします   
せっかくついてる蓋を竹のすき間に蓋の端を差し込みます。
植え込み材料
・ガーデンシクラメン1ヶ
・ミニ葉ボタン7ヶ
・竹製のかご1ヶ
・天然パームヤシ
 50cmぐらい
さつま揚げが入っていた、もらい物の竹製のかごで、蓋がついていました。これを再利用してみます。
2. 天然パームヤシを敷きこみます 3. ヤシを小さく分けます
隅々までヤシを敷きこむためには、右のように薄く、小さく手で分けていきます。
こうする事で、かごを広く使えるようになります!
一枚物のパームヤシはこんな感じです。これをかごの大きさに適当に切ります。 ◎ただ切ってかごにセットすると、写真のように大きく空間ができます。 ◎ヤシの皮を何枚も重ねて作られているので、内側から引っ張ると簡単に薄くはがせる事ができます。
4. ヤシを敷きこみます 5. 小さなヤシの使い方
薄く分けた大き目のヤシを底部分に敷き、次に立ち上がり部に敷きます。 ◎ポイントは四隅に指を差込んで、すき間ができないように敷きこみます。 ◎小さく分けていくと、こんな切れ端ができます。3個ぐらいを集めて、手のひらの上で軽く抑えると、ヤシ同士が絡み合って、右のようになり、また使えます。
6. 敷きこみをチェック!→ 7. 不要な箇所をハサミでカットします
ヤシを敷きこんですんだところ。
かごの上部より、ヤシがかなりはみ出ているので、カットします。↓
ほぼ敷きこみが済んだら、再度四隅を指で押さえて隙間、ヤシの薄い箇所がないか確認します。切った物をただ置くだけと、かごとヤシの間にすき間がありません。
♪これで、かごを広く使えます。
ハサミで簡単にカットできます。

◎かごの縁スレスレでなく、2cmぐらい上を切ります。
(土を入れた場合、重みで沈むため)
8 敷きこみ完成! この方法を使うと、今まで花を植え込むのが無理だと思っていたカゴや容器にも、土を入れて植え込むことができます。
また、カゴに天然ヤシがセットされていた物を買った後の、ヤシの補修にも役立ちます。
  ぜひマスターしてみてくださいね。

◎ ポイントは、ヤシを薄く小さく分けて敷きこむ事です! 
9. 花を植え込みます 10. 葉ボタンを植えます
まず、一番奥のまん中にシクラメンを置きます。
◎深さが8cmしかないので、土を入れないで植えます。後の葉ボタンも置くだけです。

葉ボタンの株を小さくします。
右が処理前。左が処理後
約1/3ほど土を落とします。
 シクラメン 
球根なので、土を落とさず、根を傷めないようにします。茎の根元から花や葉っぱが出てくるためカゴの上より1cmぐらい出るぐらいに置きます。
ピッタリ3個並べて置けました。(ムリヤリねじ込まないように!)
11. 順番に置いていきます 12. 土を入れます
2列目は両サイドより 手前はまん中から 株がピッタリで土が入れにくいので、手で株を広げて中央より土を入れていきます。割りばしを使って、株と株の間に丁寧に土を入れていきます。
※土の配合は、前ページを参照ください。
←土入れ つづき 13.葉をカット 14. 完成です!
ふたを背景に使ったので、高さのあるシクラメンがイイ感じです!
中央がすんだら、両サイドに土を入れます。この時葉ボタンの頭を持ってすき間をよく見ます。 ◎ここがポイント
土入れが済んだら、葉ボタンの葉っぱが重なり合ったり、込みあっている葉を、カットします。
※土の量が少ないため、成長は望めませんが、咲き続けることはできます。(葉ボタン・シクラメンともに、これ以上株が大きくならないのも、特徴)