カーネーション
Dianthus caryophyllus
「母の日」の花と言えば、カーネーションです。母の日に贈ったカーネーションがいつまでも元気に育ってくれたら、嬉しいですよね!
カーネショんは殆どが、多年草です。だけど、夏の暑さが苦手なため、夏越しできない場合は枯れてしまいます。高温多湿の日本の夏を涼しくすごす事ができさえすれば、結構扱いやすく毎年花を咲かせてくれます。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花期
→→→

−→
開花期
←←←
夏越し 夏越し 開花期
→→→

→→
開花期
←←←
肥料 肥料 肥料 切り戻し 切り戻し 肥料 肥料 肥料
植替え
水やり
控えめ
水やり
控えめ
水やり
控えめ
水やり
控えめ
【 1年間の管理 】
【 カーネーションの少し詳しい説明です 】
学 名:ナデシコ科ダイアンサス属の植物です。同じナデシコ科を大きく分けると                             
* ナデシコ  (日 本 産 )
* セキチク  (中 国 産 )
* ダイアンサス(ヨーロッパ産)  に分けられます。カーネーションはこの3つの内のどれに属するのかと言えば、地中海沿岸を原産地とするため、ダイアンサスに属するのではないかと思います。
最近は四季咲き性のカーネーションが主に出回っています。四季咲きと言っても春夏秋冬年中咲くのではなくて、春と秋の二回咲くという事です。一季咲きの方は冬の寒さを過ごしてでなくては花が咲きませんが、四季咲きの方は寒さに関係なく花を咲かせてくれます。
まずは、春の花が咲き終わってからの管理は、
@ 株元より1/2〜1/3の高さに切り戻します。
A 切り戻した株は、鉢から出して根をほぐしながら付いている土を1/3程落とします。                           
B 一回り大きな鉢を用意して新しい土で植え替えてあげます。
   新しい土は *赤玉6 *腐葉土4 の割合です
C わき芽が出るのを確認して緩効性の肥料を与えて、風通しの良い明るい日陰に置きます。                

 

    これで、秋に再び花を咲かせて楽しむ事ができます。
***********************
無理に植替えまでしなくても、切り戻しさえすれば花は再び咲きますが、株の姿が乱れてせっかく咲いた花も綺麗に見えません。 
・・・だからヤッパリ植替えた方がイイですネ!(^.^)
【花後の管理と夏越しの仕方】
ナデシコの仲間はだいたいが丈夫で育て易いのですが、高温多湿な環境を嫌います。特に日本独特な梅雨の季節が苦手で、もっと苦手なのが梅雨明けてからの30度以上にもなる高温が続く夏です。高温が続くと株が弱り花つきも悪くなります。暑さの厳しい地域は特に花が咲きにくなります。その為にも株は切り戻して、小さくしてあげるべきだと思います。
分からない事があればメール下さいね!