ガーデニング用語集     
トレリス とれりす 薄い板や角材をななめや格子上に組んで一枚の板状にしたもの。木製の物が主に使われている。庭の間仕切り、フェンス、目かくし、つるを這わせるためが本来の役目であったが、最近は鉢を掛ける壁として利用されている。 細い目のトレリスは日よけや風除けに向く
土留め どどめ 敷地の土や花壇の土がこぼれたり、流れ出さないように縁に沿って石やレンガ、ブロック、丸太などを埋め込み土の流出を防ぐ事。  
  土壌改良 どじょうかいりょう 花壇や庭またはコンテナの土を、植物の生育に適した土にするため、堆肥・腐葉土・パーライト・バーミキュライトを土に混ぜ込み通気性・排水性・保肥性・に富んだ土にする事。また、酸性化しやすい日本の土壌は石灰をすき込んで、弱酸性〜中性の土にする事 酸性⇒弱酸性には石灰を使用する。
アルカリ⇒中性には
ピートモスを使用する。
 な 軟化栽培 なんかさいばい 野菜を栽培する際に、光を十分当てずに芽をのばして軟らかく育てる事。 もやし
貝割れ大根
  ナーサリー なーさりー 種を蒔いて、ある程度苗が生長するまで育てる場所の事。 育苗園
二年草 にねんそう 種を蒔いて生長し、花が咲いて、実ができ、枯れるまでの期間が1年以上2年未満の草花の事をいう。
だいたいが、種を蒔いた時期の1年後に花が咲く場合が多い。
ジキタリス
  二季咲き にきざき 春と秋の2回花が咲く事。
  二重鉢 にじゅうはち 現状の鉢を、ひと回り大きな鉢の中に入れ、鉢と鉢との間にできた隙間にミズゴケ、発泡スチロールなどを入れて、寒さや暑さを和らげる役目をする。 サボテン・高山植物に使う
根挿し ねざし 根を挿し穂に使う、挿し木の方法を言う。茎部の挿し木と同じ方法であるが、根の上下を間違えないようにする事。 アカンサス・エキノプス
  根詰まり ねづまり 根が鉢や容器の中いっぱいに伸びて、これ以上生育する事が困難な状態の事。このまま放置すると、水分・養分の吸収ができなくなり枯れてしまう。 コンテナ栽培では、定期的な植替えが必要
   根 鉢 ねばち 植物や樹木を抜いたり、掘り起こした時に根と根とのまわりに付いている土の部分のこと。  
  根巻き ねまき 根鉢の土が落ちないように、麻袋用の布で根鉢を包み縄でそのまわりを巻くこと。  
このページのTopへ        
今日のところは、『ね』までしかできませんでした。次回更新には必ず完成させたいと思っているのですが・・・・。